副業マイニング

副業の可能性を考える

ネットワークビジネスとは

そもそもネットワークビジネスって何?という人のために、簡単な説明をしますね。

最初に、事業者による悪質な勧誘行為等から消費者を守る法律として
特定商取引法があります。

特定商取引法とは|特定商取引法ガイド


特定商取引法は対象となる取引類型(形態)がいくつかあって、
その中の一つに連鎖販売取引があります。

連鎖販売取引とは、「他の人を勧誘して入会させる(会員)と1万円の紹介料がもらえます」
など対価として報酬を得ることができるような取引です。
さらに、自分(A)が誘った会員(B)が別の人(C)に声をかけて会員が増えると、
勧誘された会員(C)の売上も自分(A)の売上としてカウントすることができ、
いくらか報酬をもらえる仕組みです。

連鎖なので、親(A)→子(B)→孫(C)…のようにピラミッドの組織ができて
自分の下組織から報酬をもらえるというイメージですね。
f:id:mlmstart:20170315142345j:plain
連鎖販売取引の一般的な呼び方に
ネットワークビジネス
MLMマルチレベルマーケティング
マルチ商法
があります。

マルチ商法」って圧倒的に怪しいイメージですが、特定商取引法を守っていれば違法性はないとのことです。
※このブログでは『連鎖販売取引』のことを「ネットワークビジネス」と呼びます

世の中には人を紹介して報酬をもらえる仕組みって身近にあると思います。
保険の外交員、アフィリエイトなど。
ネットワークビジネス」も同じ枠組みかなーと思われますが、
報酬を得るためには自分も毎月or定期的に購入しないといけない点が違うのかなー

さらにマルチ商法と聞くとねずみ講を連想すると思うので、違いをまとめると
ねずみ講は、商品販売を目的としない金品配当組織(いずれ破綻する)
 →商品はない。お金だけ
マルチ商法は、商品販売による中間マージンにより会員勧誘利益(報酬)を大きくする
 →商品ありき
商品があるのかないのかの違いですね。

ただし、マルチ商法についても、商品価値が低ければ低いほどグレーです。
なぜなら、ねずみ講と言われたくないから、とりあえず商品を扱っているだけの可能性が高いからです。

ここまでの話だと、ネットワークビジネスってイメージ良くないですよね。。。

ただ、私としては商品を目的にネットワークビジネスをやるのは否定的ですが、
副業としてやるのはアリかなと思っています。
この感覚については、今後ブログで話していこうと思います。