副業マイニング

ネットワークビジネスもディストリビュータが会社を選ぶ時代です!

フォーデイズ会報誌 社長のひとりごと

たまたま知り合いにフォーデイズの会員向け会報誌を見せてもらったので、紹介しようと思います。

タイトル:「叱られたこと」


いい歳をして、叱られることがある。

さすがに会社では、気を遣われるのでそのようなことは無いが、

ある時は病院で、カウンター越しにやられた。

「予約時間を過ぎていますよ」。するとサラリーマン時代の習慣だろうが、
とっさに頭のなかで言い訳が3択くらい浮かぶ。
1番、車が混んでいた。2番、出かけに荷物が届いて。3番、時間を間違えて。
しかし、言ったところで相手も言い返すだろうから、「どうもすいません」と一言。
「今後、気をつけてください」。「はい」とは答えるが、
心のなかでは、「結局、予定通りに診察しない。チッチッ」とくり返した。


確か、一年以上前の話になる。
どうしても、決まった花の枝が必要になった。
今はなんでもインターネットで注文して、翌日には届く時代だ。
気楽にネットで検索した植木屋さんに電話をした。
「あー、来週くらいには送りますよ」、と呑気に言われて、いや3日後には、と押し問答。
そして、話の流れは受け取り方法に展開していき、
「いつでも大丈夫です、不在なら宅配ロッカーに入れて」と言ったところから、
相手が怒り出した。「そんなものに入れるなんてとんでもない、あんた、何、考えてんだ。
そんなに簡単じゃない」等々。
一方的に相手の声は、大きくなっていく。
これはダメだと感じて、
「もういいです。私、諦めます」。「そうしろ、金払えばいいってもんじゃない」と言われ、
一応、「ご教示ありがとうございました」としめくくる。
もちろん、最後の「ました」の声には全力を込め、電話を切った。
ネットには”販売”って書いてあった。
悔しかった。

これを見た感想は

MLMのトップ企業であるフォーデイズの会報誌なのに、いきなり社長のグチを掲載するとは・・・

と驚きました。

(その他内容について色々と引っ掛かりますが、記載は避けます)


ただ、せっかく商品を購入してくれた会員さんが商品を受け取って、最初に手にする会報誌の1ページがこれだといい気持ちはしないですよね。(特に新しい会員さんは)

また、この内容について社内の誰も指摘しないのが、会社として問題かなと思います。



フォーデイズは業務停止後、売上が右肩下がりで、

社長の焦りからこのような内容になっているんでしょうか。

しかし、残念な会報誌でした。




nb-maching.com